サプリメントについて

先日も書きましたが、職業柄いろいろなサプリメントを自分でも試しています。それ以外にも研修会での勉強や他社製品の試用、インターネットでの情報収集などなど。

そんな事をあたまの中でぐるぐるポンしながら、健康情報を発信するブログを企画・監修しています。

 

わたしの周りでもサプリメントを使用している人はとても多く、スポーツ系や健康系、症状緩和系や美容系にダイエット系とそれぞれに分かれています。「このサプリメントってどうなの?」「膝が痛いんだけど治るサプリメントはどれ?」なんて質問をされることも多いです。

 

答えはひとつ。

「サプリメントはあくまでも食品です。」

一発で足が速くなったり、シャキッと元気になったり、すぐに膝の痛みがすぐ治ったり、あっというまに肌がツヤツヤになったり、明日には体重が10㎏減ったり…

こんなことは絶対にありません。

 

体の中で作られる成分や、食事から摂り入れている栄養成分には、脂肪の燃焼を助けてくれたり、関節の成分になったり、肌の保湿を助けてくれたりといった働きがあります。

しかし、毎日の食事での栄養不足や、加齢や体調などにより体内での成分産生が足りない場合もあるので、サプリメントによってその成分を確実に体内に摂り入れる(補給する)、もしくは成分の働きをより高めるために少し多めに摂取する、というのが正しいサプリメントの使い方なのです。

 

そこの認識を間違わなければ、サプリメントと仲良く付き合うことができますし、過度な期待をすることもなくなります。

 

実際、関節軟骨の成分であるサプリメントを使用して、2ヵ月ほどで歩くのが楽になった方もいらっしゃいますし、糖の吸収を緩やかにする成分のサプリメントを使用して糖質制限のスローダイエットを成功させた方もいらっしゃいます。この方たちに共通して言えることは、薬のような効果を期待してサプリメントを使ったのではなく、日々の生活習慣や食生活の改善補助としてサプリメントを使った、ということです。

 

サプリメントは食品ですから、気軽に使い始めることができます。普段の食事で野菜が足りてないなぁなんて感じたら、砂糖たっぷりの野菜ジュースではなく、マルチビタミンのサプリメントを使うことから始めてみてはいかがでしょうか。

もしサプリメントに興味がおありでしたらこちらの商品紹介サイトをご覧ください。

japansupplements公式商品紹介サイト

 

 

 

Follow me!

前の記事

自粛生活

次の記事

新しい生活様式?