日常へ戻る?

全都道府県の緊急事態宣言解除が近づき、どのように日常に戻っていくのか関心があります。

 

一番の関心は、子供たちの学校。

ワタシが子供の頃には全く経験してこなかった3ヶ月の自宅待機。昨日久しぶりに空いている時間を見計らって次男をバッティングセンターに連れて行ったのですが、見事にすぐバテバテでした。自宅学習は続けていますが、両親が外に出ている家庭では学習中の質問にだれが応えてあげるのでしょうか。ウチは幸いワタシが家にいたのでなんとかなりましたが。

長男がやっている高校の自宅学習用課題は、正直ワタシでは太刀打ちできない問題ばかりです・・・

 

二番目の関心は、経済がどのように復活していくのか。

体を動かすという意味と、安定収入確保のために早朝倉庫での仕分け作業バイトをしているのですが、4・5月は繁忙期のような忙しさでした。そこから一転、先週末からは通常通りの物量に戻ってきた感じがしています。

以前食品メーカーに勤めていたのですが、忙しければ儲かるというわけではないんですよね。急激な受注増や物量増は余計な経費がかかり、その後収束した際のさまざまなロスの危険があり、あまりよろしくないのですよ、イレギュラーというのは。今回の非常事態宣言によって、急激に業績が落ち込んだ業界の方は想像を絶する厳しさでしょうが、一方急激に忙しくなった業界でもあまり利益は上がっていないのではないでしょうか。

 

なるべく早く安定した生活に戻るために努力しなくては、と考えて日々を過ごしています。

Follow me!

前の記事

オンライン授業

次の記事

登校開始!