面白い事がありました

日々感染者が数十人発生しているという漠然とした不安を抱えたまま自粛生活が一旦終わりを告げました。

 

次男は通常通り学校再開。通っている体操教室や公文、地域の学童野球チーム活動も再開しました。

長男は一日おきながら登校が始まり、今日から中間テスト(ほとんど授業をやっていない中での)。

 

自宅で仕事をしている身としてはニュースの中の出来事感が強かったのですが、昼間自宅にひとりでいると「あぁ戻ってきたんだな」と思うことが多くなりました。

 

そんな折、次男が所属している学童野球チームの代表から呼び出され「スタッフを外れてください」との話が。

???なんじゃそりゃ。

 

来年度から地域の中学軟式野球チームを立ち上げようと現在準備をしているのは間違いありませんが、その活動を始めたことは昨年の内に代表と総監督には話をしてあります。次男が所属している学童チームにはなにも迷惑をかけていないと思っておりましたが、代表曰く「ほかのチームから、あなたのやっていることが今のチームと関わりあると思われると困る」とのこと。

私「いや、私個人の活動ですし今のチームに迷惑かけるつもりはありませんので、関係ないと言っていただいて構いませんよ」

代表「そう思うのはあなたの勝手。私たちにとってはあなたがチームにいると困る」

私「では、私の子供も辞めろということですか?」

代表「いや、子供はいても構わない。あなたも保護者なので、たまに試合を見に来るくらいなら構わない、もう一人あなたと活動している〇〇さんに関しては、あなたがやっている中学チームのWEBサイトから名前を消すなら今のチームにいてもいい」

 

どう考えてもただのイチャモンであり、全く意味が分かりません。

私の活動を面白く思っていない人が学童チーム内の運営側にいるのでしょう。これまでも、子供目線でなく大人目線でのチーム運営や指導方法に異を唱えてきた私はさぞかし邪魔者だったと思います。そんな人たちにとっては、私を追い出すまたとない大チャンス!だったわけです。

 

まあいいです。あと数ヶ月で次男も卒団しますし、その間大人たちから次男に対して嫌がらせがあった際にはしかるべき措置を講じます。同じ思いの親仲間たちにあとはお願いして、私は中学チーム立ち上げの準備に集中しようと決意を固めたのでした。

 

 

 

Follow me!

前の記事

がんばれ長男

次の記事

新生活開始